2011年03月28日

museの整形関係

emacsの原稿作成/オーサリング環境であるmuseの文書整形に関するまとめ。

段落作成

原稿段階で、段落と段落の間に空の行を置くことで、発行時に段落が作成される。

改行

段落以外の改行は無視される。強制的に改行させる場合は、
タグを入れる。

センタリング

行頭に6文字以上の空白文字(タブを含む)を入れることで、その行がセンタリングされる。

見出し

行の先頭に*を入れることで見出しを作成する。

  • * 大見出し
  • ** 中見出し
  • *** 小見出し
  • **** 項見出し

強調、下線、モノスペース

  • *強調したい文字列*
  • **強調したい文字列**
  • ***強調したい文字列***
  • _下線を引く文字列_
  • =モノスペースにする文字列=
ラベル:Emacs Muse
posted by ベルクカッツェ at 00:35| emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

emacsでhyperspecを引けるように設定

slimeがインストールされていれば、hyperspecも同時にインストールされてはいる。
ただし、このままではまだ hyperspecが使えるわけではないので、追加で以下の作業を行う。

■w3mのインストール
 → apt-get install w3m-el

■.emacsへの追記
(setq browse-url-browser-function #'w3m-browse-url)

これで、
「C-c C-d h」か「M-x hyperspec-lookup」でhyperspecが呼び出せる。
posted by ベルクカッツェ at 13:04| emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

emacs&slimeの日本語設定

utf-8環境だと仮定して、「~/.emacs」に以下の設定を書き加える。

(set-language-environment "Japanese")
(set-terminal-coding-system 'utf-8)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(setq default-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(set-default-coding-systems 'utf-8)
(setq file-name-coding-system 'utf-8)

さらにsmileを日本語に対応させるには、以下の行を追加。
(setq slime-net-coding-system 'utf-8-unix)
posted by ベルクカッツェ at 09:45| emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。